今までに入手した新選組関連の
小説・漫画・資料・本・DVD・ゲーム・CDなど
の感想つきリストです。
(感想、自分なりになので変な所あったら申し訳ないです)
見たいジャンルがあれば、サイドのカテゴリーから選んでください。
※私が持っているのが古くて絶版になったものでも、新装版のものが新しくあればそちらを優先でリストアップしています。
<< 幕末伝〜浅葱ノ刻〜 / アンソロジー | main | 明日は維新だ /童門冬二 /集英社文庫 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
新選組 幕末の青嵐 / 木内昇 /集英社文庫
評価:
木内 昇
集英社
¥ 860
(2009-12-16)
Amazonランキング: 102371位
Amazonおすすめ度:
読んでいるうちに惹きこまれるお話

主人公:色々な人物の視点から

舞台:武州・多摩〜箱館

好きな場面:土方さん視点で清河の策に対抗する策を練る場面、原田さん視点の池田屋で血まみれの沖田さんを発見して固まって黙り込んだままの土方さんに軽口をたたいて井上さんに激高される場面、井上さん視点で沖田さんの様子を見に行く場面、最後の彦五郎さんの場面

好きな台詞:
井上:「本当に怖いとき、人間ってのはああなるんだ」
沖田:「この戦に勝つか負けるかはわかりませんが、土方さんは間違わないから大丈夫です。あの人はああ見えて、全部自分の中に理由があるんだ。理由の見つからないことはしないんだ。それは私が唯一負けているところだな。あ、これは内緒ですよ。あとで威張られるといけないから。でもね、そういう人は時勢なんかには邪魔されないんです。見た目には邪魔されていても、根っこのところは、なににも邪魔されていないんだ」

感想:
色々な人物の視点での短編が連続して物語が進んでいきます。
新選組の主だった面々だけでなく、支援した人、上役などの視点も絡んでくるので、それぞれの内面や人物評が面白かったです。
特に土方・永倉さんの視点や立ち位置、考えが格好良いです。
そして沖田・井上さんの視点でじんわりしました。
池田屋・原田さん視点、池田屋で固まって黙り込んだままの土方さんを見て軽口をたたいた原田さん。それに井上さんが激高した時のセリフが、今までに読んできた池田屋事件のシーンにはないもので特に印象深かったです。
| こめぱん | 小説/新選組中心 | 15:37 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:37 | - | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
CATEGORIES
大好きな大鳥圭介さん関連のオススメ本
↓ ↓ ↓ ↓
北走新選組
北走新選組 (JUGEMレビュー »)
菅野 文
箱館新選組や、蝦夷共和国の人々を丁寧に描いてくれています。大鳥さんが良い人物で嬉しい。
われ徒死せず―明治を生きた大鳥圭介
われ徒死せず―明治を生きた大鳥圭介 (JUGEMレビュー »)
福本 龍
南柯紀行と共に大事にしてる本です。
大君の刀―ブリュネが持ち帰った日本刀の謎
大君の刀―ブリュネが持ち帰った日本刀の謎 (JUGEMレビュー »)
合田 一道
ブリュネさんはホントに絵が上手すぎる。ブリュネさんが描いた大鳥さんが見れただけでも良い本を購入したと思う。
南柯紀行・北国戦争概略衝鉾隊之記
南柯紀行・北国戦争概略衝鉾隊之記 (JUGEMレビュー »)
大鳥 圭介,今井 信郎
なかなか読むのが大変ですが、蝦夷共和国、陸軍奉行大鳥さんの所々の感想が面白いです。興味ある方は是非。(再度読み直ししてる所です)大鳥さんの文章は面白すぎだと思います。
count
管理人の気まぐれ本棚
管理人本棚を紹介してみる。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
このページの先頭へ