今までに入手した新選組関連の
小説・漫画・資料・本・DVD・ゲーム・CDなど
の感想つきリストです。
(感想、自分なりになので変な所あったら申し訳ないです)
見たいジャンルがあれば、サイドのカテゴリーから選んでください。
※私が持っているのが古くて絶版になったものでも、新装版のものが新しくあればそちらを優先でリストアップしています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
イケメン幕末史/ 小日向えり/ PHP新書
評価:
小日向 えり
PHP研究所
¥ 861
(2010-06-16)
Amazonランキング: 59867位

 PHP新書には珍しいタイトルだったので、思わず買ってしまいました。

幕末・明治の人物50人を著者なりの切り口で紹介していきます。歴史上どんな事をした人かという紹介は少なめにして、面白いエピソードなどを主に紹介している感じです。少し幕末に興味持ったかな、という人向け。

気になった所をとりあえず3つほど……。

1つ目。そんなに難しいエピソードではないはずなのに、間違っている箇所が……。しかも土方さんの所だし。(幕末詳しくない人でも知ってた)

2つ目。小説などの創作なのか、史実なのか、それがゴチャゴチャになっている事。初心者向けと言うならばそこは混ぜたら駄目だと思います。史実と勘違いしちゃいそうだし。

3つ目。うん、倒幕側が好きなんだね……と丸わかりの文章。両方好きだと言うならば、少しはぼかしてほしい。明らかに幕府側の人の文章がテンション落ちてる感じです。
著者は戦国と三国志と薩摩・長州が好きなんだろうな〜。

とりあえず、1つめと2つめの点はイカンと思います。

| こめぱん | 資料等/その他の人物中心 | 23:18 | - | - | - | - |
そこに日本人がいた!―海を渡ったご先祖様たち/ 熊田忠雄/ 新潮文庫
評価:
熊田 忠雄
新潮社
¥ 660
(2010-05-28)
Amazonランキング: 343217位
Amazonおすすめ度:
海を渡る人々
遠い時代に海を渡った多くの先達の紹介。
題材は良いが、筆者は他の方が良い。

 現存する記録から、世界各地に渡った日本人(最初にその国に定住した人)を紹介していきます。

開国後の幕末〜明治の人が多いものの、戦国時代などの記録もあります。

特に興味深かったのは、南アフリカに明治半ばに移住した商人、マダガスカルに明治に移住した商人、それから明治の初めに修理の為長崎に寄港した外国船に誤って取り残されて世界中を回り、ニュージーランドに住む事にした少年など。

やむを得ない事情から渡った人もいるが、自ら異国の日本人がいない土地へと渡った人の方が多いです。ご先祖様の行動力には驚かされます。

参考・引用の文献がとても多いので、巻末の一覧にある本も読みたくなってきました。
| こめぱん | 資料等/その他の人物中心 | 22:02 | - | - | - | - |
名言で読む幕末維新の歴史/ 外川淳/ 講談社
評価:
外川 淳
講談社
---
(1999-11)
Amazonおすすめ度:

 大体、黒船来航〜西南戦争くらいまでの名言集とその解説です。

新選組・旧幕府軍だと、近藤さん2つ、土方さん1つ、大鳥さん1つが収録されてます。

大鳥さんのがあるのは珍しいので、大鳥さんが好きな私には喜ばしい事です。南柯紀行(大鳥さんの日記)は名言だらけだと個人的に思うので、もっとガツガツ拾って欲しいもんです。
| こめぱん | 資料等/その他の人物中心 | 21:56 | - | - | - | - |
幕末・明治のおもしろ写真/ 石黒敬章/ 平凡社・コロナブックス45
 こちらは前に紹介したものの続編となります。

この本は「第七章 箱館戦争の記念写真」の部分があります。
蝦夷共和国好きにはたまらない章です。
見たことある写真なんですけどね、こう改めてまとまった形で見ると嬉しいものです。
| こめぱん | 資料等/その他の人物中心 | 21:39 | - | - | - | - |
幕末・明治のおもしろ写真/ 石黒敬章/ 平凡社・コロナブックス16
評価:
石黒 敬章
平凡社
¥ 1,631
(1996-10)
Amazonおすすめ度:

 タイトル通り、幕末・明治の色々な写真が沢山載っています。
特に気になったのは、
慶応3〜4年、サットン撮影の知恩院境内。護衛兵の写真なんですが、もう服装がバラバラ。以前に買った「幕末百話」(幕末を生き抜いたお年寄りから聞き取った話をまとめた本)にあった服装についての話を思い出します。
 それから女性の写真も沢山あるけど、着物の着こなしというか、着くずし方が興味深い。というかカッコいい。
 
新選組関連としては、近藤さんの現存する写真について、敷物・刀の置き方から撮影したのは誰か。どこで撮影したのか考察されています。
| こめぱん | 資料等/その他の人物中心 | 21:19 | - | - | - | - |
明治時代の人生相談 / 山田 邦紀 / 日本文芸社

評価:
山田 邦紀
日本文芸社
---
(2007-06)
Amazonランキング: 281943位
Amazonおすすめ度:
 タイトルの通りに明治時代の雑誌や新聞にあった「人生相談」コーナーの記事を集めたものです。いろいろな相談に対し、記者さんが回答しています。そしてそれに対しての解説……といった風に、たくさんの相談が載っています。
 あ〜いつの時代もこういう事で悩むんだな〜とか、これも駄目な世の中だったのかと思ったり、なかなか面白かったです。
 特に女性には厳しい時代だったのが分かります。(少し解消されてはいますが)
 資料などで、知っている女性の地位や自由についての厳しさでしたが、こういろんな人の相談という目線で読むことによって理解しやすいかなと思います。
 回答する新聞社の人だけが怒ってたり、それでいいのか!?という回答をしてたりで、そこら辺も読んでて面白かったです。一番気になったのは「寒参り」の相談。記者の熱い回答が良いです。
| こめぱん | 資料等/その他の人物中心 | 01:02 | - | - | - | - |
武器と防具 幕末編 / 新紀元社

評価:
幕末軍事史研究会
新紀元社
¥ 1,995
(2008-03-12)
コメント:写真では見えない細かい所が分かるかも。
Amazonおすすめ度:
 タイトル通り、武器と防具が図解されています。
写真資料はあるけれど、細かい所はどうなんだろう?という疑問に答えてくれる本だと思います。

 小銃、刀、火砲……と図解で詳しく載っていますが、一番充実している部分は幕府と諸藩の装備がイラスト付きで解説されている所じゃないでしょうか。主要な各藩ごとにという所が嬉しいです。

 私的に嬉しかったのは、兵士が弾薬を入れる革袋の種類と詳細、帯刀用のベルトの詳細な図があった所です。写真では見えている一部分しか分からず、白黒写真だと余計わからず、どうなってるか知りたかったので良かったです。

 幕末諸外国の服装は幕末資料としては、あまりいらない国も含まれてたかな〜とは思います。
| こめぱん | 資料等/その他の人物中心 | 01:41 | - | - | - | - |
増補 幕末百話/ 篠田 鉱造/ 岩波書店
評価:
篠田 鉱造
岩波書店
¥ 882
(1996-04-16)
Amazonランキング: 16609位

 幕末を生き抜いたお年寄り達から聞き取った話が百話まとめられたものです。
 聞き取った、語り口のままの文章がより面白いです。有名な人からではなく一般の人から聞いたというのも、史料まとめ本などにはない面白さがあります。

 <官軍に捕まって首桶まで出来上がっていたけど助命となった><バラリズーンと斬った><公方様の御成りがあるので二階の窓を鎖して戸の合わせ目には半紙を切って横に張った。御老年は御存知でありましょう>なんて話がドンドンと飛び出します。やっぱり実際にその時代に生きた人の話はすごい。
 話の内容も「ちょんまげ」「道場」「大砲」「昔の御馳走」「殿様のお供道中」などなど様々な立場の話が読めます。
 初版は明治38年で、読者は「そういう事もあった」という感じだったそうですが、増補された昭和4年には昔を語れる人も減り、重宝された本だそうです。

 新選組については上野の戦いで靖共隊にいたというご老人の話に名前が出てくるのと、あとは幕府歩兵隊の方が語る服装の変化なんかが少しは関係あるかと思います。

 幕末から維新へかけての古老の話は奇抜で、珍妙で、想像もつかない面白いことずくめであった。世の中がコセコセせず、悠長であった。〜実際にその場に踏込んでいた話、実地にその業にたずさわっていた話は、拵えようとしても拵えられず、作ろうとしても作り得ない味のものである。-本文より-
| こめぱん | 資料等/その他の人物中心 | 01:33 | - | - | - | - |
幕末検定―知識レベルを判定!あなたは英雄級?それとも…!? (KOSAIDO PAPERBACKS)
 この本は実は電車で長時間移動する際に時間を潰そうと思って買った本です。幕末関連の本で500円以内で、軽く読めるのがいいな〜と探した結果ピッタリのものがあった訳です。4択の問題形式で、人物/事件・戦い/新撰組/女・大奥/生活・風俗/外国人/文明開化の7章があります。途中の章と章の間にコラムがあります。

 第3章が「新選組」についてになっていて、新選組については私でもなんとか大丈夫な問題でした。

 ひっかけ問題も多く、「坂本龍馬の重んじた武器は?」とか「ピストル」を選んで間違ったりしました…。あと新選組以外の所は分からない問題も多くあり、どんどん減点されて行き、「そんなの知らん…!」と思うものもありました。自分の無知さ加減が分かります。

 移動中の暇つぶしに…と思って買った本ですが、値段の割に意外と楽しく勉強になったので★4つにしてみました。軽い気持ちで読めたのが良かったのかも知れません。
| こめぱん | 資料等/その他の人物中心 | 11:56 | - | - | - | - |
北海道の百年/山川出版社
評価:
---
山川出版社
¥ 2,415
(1999-06)
Amazonランキング: 645460位

 箱館戦争について北海道の歴史から見てどうだったかが分かります。……が、とても短い期間だったのでそんなにたくさんのページは割かれていません。ちょっぴりです。

でも、箱館戦争が終わった後の時代でも、例えば永倉さんが剣術教えてた樺戸監獄がいつ出来たかとか、斉藤・永倉さんが住んでいたであろう時期の小樽はどんな様子だったかとか、小樽新聞(永倉さんの連載があった新聞)がどうだとか……そういう風にも読めるので興味深かったです。

幕末の部分は少ないので星3つで……。
| こめぱん | 資料等/その他の人物中心 | 13:45 | - | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
CATEGORIES
大好きな大鳥圭介さん関連のオススメ本
↓ ↓ ↓ ↓
北走新選組
北走新選組 (JUGEMレビュー »)
菅野 文
箱館新選組や、蝦夷共和国の人々を丁寧に描いてくれています。大鳥さんが良い人物で嬉しい。
われ徒死せず―明治を生きた大鳥圭介
われ徒死せず―明治を生きた大鳥圭介 (JUGEMレビュー »)
福本 龍
南柯紀行と共に大事にしてる本です。
大君の刀―ブリュネが持ち帰った日本刀の謎
大君の刀―ブリュネが持ち帰った日本刀の謎 (JUGEMレビュー »)
合田 一道
ブリュネさんはホントに絵が上手すぎる。ブリュネさんが描いた大鳥さんが見れただけでも良い本を購入したと思う。
南柯紀行・北国戦争概略衝鉾隊之記
南柯紀行・北国戦争概略衝鉾隊之記 (JUGEMレビュー »)
大鳥 圭介,今井 信郎
なかなか読むのが大変ですが、蝦夷共和国、陸軍奉行大鳥さんの所々の感想が面白いです。興味ある方は是非。(再度読み直ししてる所です)大鳥さんの文章は面白すぎだと思います。
count
管理人の気まぐれ本棚
管理人本棚を紹介してみる。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
このページの先頭へ