今までに入手した新選組関連の
小説・漫画・資料・本・DVD・ゲーム・CDなど
の感想つきリストです。
(感想、自分なりになので変な所あったら申し訳ないです)
見たいジャンルがあれば、サイドのカテゴリーから選んでください。
※私が持っているのが古くて絶版になったものでも、新装版のものが新しくあればそちらを優先でリストアップしています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
新選組 幕末の青嵐 / 木内昇 /集英社文庫
評価:
木内 昇
集英社
¥ 860
(2009-12-16)
Amazonランキング: 102371位
Amazonおすすめ度:
読んでいるうちに惹きこまれるお話

主人公:色々な人物の視点から

舞台:武州・多摩〜箱館

好きな場面:土方さん視点で清河の策に対抗する策を練る場面、原田さん視点の池田屋で血まみれの沖田さんを発見して固まって黙り込んだままの土方さんに軽口をたたいて井上さんに激高される場面、井上さん視点で沖田さんの様子を見に行く場面、最後の彦五郎さんの場面

好きな台詞:
井上:「本当に怖いとき、人間ってのはああなるんだ」
沖田:「この戦に勝つか負けるかはわかりませんが、土方さんは間違わないから大丈夫です。あの人はああ見えて、全部自分の中に理由があるんだ。理由の見つからないことはしないんだ。それは私が唯一負けているところだな。あ、これは内緒ですよ。あとで威張られるといけないから。でもね、そういう人は時勢なんかには邪魔されないんです。見た目には邪魔されていても、根っこのところは、なににも邪魔されていないんだ」

感想:
色々な人物の視点での短編が連続して物語が進んでいきます。
新選組の主だった面々だけでなく、支援した人、上役などの視点も絡んでくるので、それぞれの内面や人物評が面白かったです。
特に土方・永倉さんの視点や立ち位置、考えが格好良いです。
そして沖田・井上さんの視点でじんわりしました。
池田屋・原田さん視点、池田屋で固まって黙り込んだままの土方さんを見て軽口をたたいた原田さん。それに井上さんが激高した時のセリフが、今までに読んできた池田屋事件のシーンにはないもので特に印象深かったです。
| こめぱん | 小説/新選組中心 | 15:37 | - | - | - | - |
新選組風雲録 1洛中篇、2激闘編、3落日編、4戊辰編、5箱館編/ 広瀬仁紀/ 文春文庫
主人公:沢忠助、土方歳三
舞台:京都〜箱館
好きな場面:近藤さんの馬丁、久吉の通夜場面。大坂敗走後、宿での山崎さん場面。沖田さんの最期を土方さんに語る場面。良順先生を仙台で説得する場面。泥酔した忠助を連れ戻しに来た土方さん場面。忠助の隊士になる場面。土方さんの最期場面。
好きな台詞:土方:「お前には、わけて云っておくが、果てた隊士の供養を頼んだぞ。忘れずにいてくれるものなら…俺が命日には線香の一本も立ててくれろ」
感想:江戸で盗人をやっていた忠助が清水寺で土方さんと出会い、惚れ込んで土方さんの為に働こうと決める所から始まります。復刊要望もずっと高かっただけあって、とても面白いです。普段の主な幹部隊士からの目線ではなく、馬丁であり、土方さんの密偵でもある忠助から見た新選組や周りの人達がとても素敵に登場します。特に土方さんはもちろん、近藤、沖田、山崎、良順先生、島田さんと忠助のやりとりは良いです。そしてそんな人達の対する忠助の江戸っ子な反応や感想に涙が倍増してしまいます。オススメです。

4巻5巻リンク

新選組風雲録 戊辰篇 (文春文庫)

新選組風雲録 函館篇 (文春文庫)
| こめぱん | 小説/新選組中心 | 22:22 | - | - | - | - |
慶応四年新選組/ 結束信二/ 河出書房新社
評価:
結束 信二
河出書房新社
¥ 2,100
(2003-10)
Amazonランキング: 111878位
Amazonおすすめ度:

主人公:近藤勇、土方歳三、沖田総司など。
舞台:慶応4年1月〜明治元年9月(鳥羽伏見〜会津)
好きな場面:所々に出て来る沖田さんの千駄ヶ谷の所。土方さんの吉野宿めし屋の所。
好きな台詞:土方:「やるしかない、死ぬまで、やりぬくしかない」
感想:本当に淡々とドキュメントの様に慶応4年から一日一日が進んでいきます。その中でも山崎さんや井上さんなどの思いや回想が悲しいです。それからあちこちで沖田さんがポツリと漏すセリフが心に染みます…。
| こめぱん | 小説/新選組中心 | 22:21 | - | - | - | - |
新選組烈士伝/ 司馬遼太郎ほか/ 角川文庫
評価:
津本 陽,三好 徹,南原 幹雄,子母沢 寛,池波 正太郎
角川書店
¥ 780
(2003-10)
Amazonランキング: 260760位

主人公:隊士色々。
舞台:江戸試衛館〜箱館
好きな場面:榎本さんと話す土方さん場面、与六と土方さんのやりとり、永倉さんが過去を思う所
好きな台詞:土方:「もう、おれは君らを取り締まらなくともよいのだもの。一応は部将の一人だということだが、まあ榎本総裁の下で君らと共に戦い抜く、それだけでよいのだから、もうこんな気楽なことはないのさ。後はただ、亡き近藤さんの後に一日も早く追い付きたい。それだけだよ」
感想:「近藤勇、江戸の日々/津本陽」近藤さんの試衛館な話。「色/池波正太郎」土方さんの京都〜箱館で出会ったお房さん話。「武田観柳斎/井上友一郎」武田さんにくっついていた梅崎という隊士と転落していく武田さんの話。「橋の上/立原正秋」明治になり鈴木三樹三郎と再会する永倉さんの話。「薄野心中/船山肇」明治の札幌での斎藤さん話。「壬生狂言の夜/司馬遼太郎」…が特にオススメです。もう持っている本に収録されている話もありましたが、短編ばかりなので読みやすくて良いです。
| こめぱん | 小説/新選組中心 | 22:19 | - | - | - | - |
新選組興亡録/ 司馬遼太郎ほか/ 角川文庫
評価:
司馬 遼太郎,北原 亞以子,戸川 幸夫,船山 馨,柴田 錬三郎,縄田 一男
角川書店
¥ 740
(2003-10)
Amazonランキング: 177483位
Amazonおすすめ度:

舞台:江戸試衛館〜箱館
好きな場面:二股口で胸壁の点検に行った土方さんが熊に遭遇し、追い掛けられて山を駆け下りながらやっと逃げ切って、田本さんの前でばったり倒れる場面。
好きな台詞:土方さんに口汚く写真をすすめる良順先生のセリフ。「へなちょこめが」「しみったれてると言うのサ」「そうはいかねえ」「とんちきだと言うのサ」「あおびょうたん!」「どじのおんたんちん」「へちゃむくれ!」
感想:著名な作家達の短編9作を収録。どれも良いのですが、「理心流異聞/司馬遼太郎」沖田さんの江戸〜京都に渡る因縁の対決話。「降りしきる/北原亞以子」実は土方さんに想いを寄せていたお梅さんの芹沢暗殺の日の話。「流山の朝/子母沢寛」近藤さんの流山での投降する朝の話。「歳三の写真/草森紳一」箱館での土方さんが写真師の田村研造と出会う話…が特にオススメです。もう持っている本に収録されている話もありましたが、短編ばかりなので読みやすくて良いです。
| こめぱん | 小説/新選組中心 | 22:18 | - | - | - | - |
新選組秘帖/ 中村彰彦 / 新人物往来社(文庫・文春文庫)
評価:
中村 彰彦
新人物往来社
¥ 1,995
(2002-05)
Amazonランキング: 483317位
Amazonおすすめ度:

評価:
中村 彰彦
文藝春秋
¥ 750
(2005-12)
Amazonランキング: 81379位
Amazonおすすめ度:

主人公:隊士色々。
舞台:京都〜箱館、東京
好きな場面:再度読み直し中。
好きな台詞:再度読み直し中。
感想:短編が8編収録されてます。「土方さん主役の加納総三郎の話」「新選組に入隊を希望するも叶わなかった加藤愛之助の生涯」「近藤勇を撃った富山弥兵衛の最期」「近藤、土方の馬丁を勤めた沢忠助の話」「戊辰戦争後の島田魁の話」「市村鉄之助が日野を訪れた時の話」「橋元皆助が明治4年に原田左之助と戦う話」「相馬主計の最期」となってます。あまりメインに出て来ない人が主人公になっているので面白いです。特に後半の4編がオススメです。
| こめぱん | 小説/新選組中心 | 22:16 | - | - | - | - |
新選組血風録/ 司馬遼太郎/ 中央公論新社(文庫・角川文庫)
評価:
司馬 遼太郎
中央公論新社
¥ 2,415
(1999-11)
Amazonランキング: 558199位
Amazonおすすめ度:

評価:
司馬 遼太郎
角川書店
¥ 860
(2003-11)
Amazonランキング: 6410位
Amazonおすすめ度:

主人公:隊士色々。
舞台:京都
好きな場面:三条磧欄乱刃で井上さんを皆で助けに行こうとする所とか…絞れないです、やっぱり。
好きな台詞:土方:「おれにもあもをくれ」
感想: 中1の時、新選組を知るキッカケになった本です。この本は有名ですし。タイトルがなんだかカッコ良くて偶然買いました。当時の私でも色々な人が主人公の短編が沢山入っているので読みやすかったです。特に好きな話は…5つあげるとすれば…迷うけど「虎徹」「胡沙笛を吹く武士」「三条磧欄乱刃」「沖田総司の恋」「菊一文字」かな…。
| こめぱん | 小説/新選組中心 | 22:14 | - | - | - | - |
新選組物語―新選組三部作 /子母澤寛 /中公文庫
評価:
子母沢 寛
中央公論社
¥ 820
(1997-02)
Amazonランキング: 58471位
Amazonおすすめ度:

主人公:隊士色々。
舞台:京都
好きな場面:再度読み直し中。
好きな台詞:再度読み直し中。
感想:新選組三部作と言われるうちの三部目。有名な話が沢山入っていて読みやすいと思います。「隊士絶命記」とか「壬生心中」とか「隊中美男五人衆」など…。
(三部作の他二作は資料本の方に分類しました) 
| こめぱん | 小説/新選組中心 | 11:08 | - | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
CATEGORIES
大好きな大鳥圭介さん関連のオススメ本
↓ ↓ ↓ ↓
北走新選組
北走新選組 (JUGEMレビュー »)
菅野 文
箱館新選組や、蝦夷共和国の人々を丁寧に描いてくれています。大鳥さんが良い人物で嬉しい。
われ徒死せず―明治を生きた大鳥圭介
われ徒死せず―明治を生きた大鳥圭介 (JUGEMレビュー »)
福本 龍
南柯紀行と共に大事にしてる本です。
大君の刀―ブリュネが持ち帰った日本刀の謎
大君の刀―ブリュネが持ち帰った日本刀の謎 (JUGEMレビュー »)
合田 一道
ブリュネさんはホントに絵が上手すぎる。ブリュネさんが描いた大鳥さんが見れただけでも良い本を購入したと思う。
南柯紀行・北国戦争概略衝鉾隊之記
南柯紀行・北国戦争概略衝鉾隊之記 (JUGEMレビュー »)
大鳥 圭介,今井 信郎
なかなか読むのが大変ですが、蝦夷共和国、陸軍奉行大鳥さんの所々の感想が面白いです。興味ある方は是非。(再度読み直ししてる所です)大鳥さんの文章は面白すぎだと思います。
count
管理人の気まぐれ本棚
管理人本棚を紹介してみる。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
このページの先頭へ